東京国際大学駅伝部メンバー2021・イケメン注目選手も徹底調査

大学駅伝
スポンサーリンク

2021年10月には第33回出雲全日本大学選抜駅伝競争が行われました。

そして2021年11月には第53回全日本大学駅伝対校選手権大会が行われ、
2022年1月には第98回東京箱根間往復大学駅伝競走が行われます。

出場する中で今回注目したのは、
箱根駅伝2020にて総合5位となった東京国際大学駅伝部です。

そこで今回は、

・東京国際大学駅伝部の成績は?出雲駅伝では初出場初優勝
・東京国際大学駅伝部2021メンバー・出身高校
・東京国際大学駅伝部2021・イケメン注目選手はだれ?
・東京国際大学駅伝部2021の監督は?

に関して、調査してきました!

スポンサーリンク

東京国際大学駅伝部の成績は?出雲駅伝では初出場初優勝

東京国際大学駅伝部の成績を、まず箱根駅伝に絞って見てみると、下記の通りです。

箱根駅伝2016 総合17位/往路12位/復路18位 初出場
箱根駅伝2017 出場なし
箱根駅伝2018 総合17位/往路19位/復路15位 
箱根駅伝2019 総合15位/往路17位/復路16位
箱根駅伝2020 総合5位/往路3位/復路6位 チーム初のシード権獲得

2011年創部のため、創部から5年で箱根駅伝の予選会に9位で入賞し箱根駅伝出場を果たしました。

次の年の箱根駅伝2017では惜しくも予選落ちをしてしまいますが、以降連続で出場しています。

そして箱根駅伝2020年では予選会にてトップ通過を果たし、
本戦では5位とめざましい成長を見せました。

そしてチーム創部から初のシード権を獲得しました。

創部11年とまだ若いチームにも関わらず、
箱根駅伝にこれだけ出場できてるなんてすごいですよね。

関東には大学が数多くあるので、
その中で箱根駅伝に出場できるだけで素晴らしいことです。

そして箱根駅伝の成績に加えて、
注目すべきは先日行われた出雲駅伝での成績です!

出雲駅伝とは、今季の学生三大駅伝の開幕戦となった大会です。

東京国際大学駅伝部は今年の出雲駅伝に初出場し、初優勝を飾りました。
初出場校の優勝は第1回大会以降初めてなんです。

箱根駅伝2020から著しい成長を見せ、目が離せません。

箱根駅伝以外にも、素晴らしい成績を残しており、
期待のルーキー校である東京国際大学駅伝部。

同大にて箱根駅伝2021にエントリーされた選手を次にご紹介します。

スポンサーリンク

東京国際大学駅伝部2021メンバー・出身高校

三浦瞭太郎

学年/4年生
出身高校/東京農業大学第二
自己ベスト・5000m/14:04.99
自己ベスト・10000m/29:38.23
自己ベスト・ハーフ/

群馬県出身で、現在東京国際大学駅伝部の主将です。

出雲駅伝ではメンバー入りできなかったが、
10/3の日体大長距離競技会5000mで自己ベストを更新したことから、
監督から期待を寄せられている最上級生のうちの1人です。

昨年の大学3年時に初めて箱根駅伝エントリーを果たしました。

野澤巧理

学年/4年生
出身高校/白鷗大足利
自己ベスト・5000m/13:57.17
自己ベスト・10000m/29:26.26
自己ベスト・ハーフ/01:03:50

栃木県出身です。

一般入試で東京国際大学に入学し、
メンバー入りを果たしたメンバーです。
今季10000mで自己ベストを更新しました。

芳賀宏太郎

学年/4年生
出身高校/学法石川
自己ベスト・5000m/14:31.31
自己ベスト・10000m/29:07.82
自己ベスト・ハーフ/1:06:41

福島県出身です。

箱根駅伝では2年間区間上位の結果を残したが、
3年時の6区は故障明けの影響もあり19位と振るわない結果でした。

また4年生時の全日本大学駅伝関東選考会では、
就活などもあって万全でなかったことからメンバーから外れてしまいました。

丹所健

学年/3年生
出身高校/湘南工科大学付属
自己ベスト・5000m/13:46.17
自己ベスト・10000m/28:35.60
自己ベスト・ハーフ/01:04:37

神奈川県出身です。

全日本大学駅伝関東選考会では、
監督より「よく頑張ってくれた」とヴィンセント選手と共に名を挙げられた選手です。

日本人トップを狙った走りをし、
実際に東京国際大学駅伝部を出雲駅伝で
大会史上初(第1回大会を除く)の1位へと導いた選手として、実力のある選手です。

宗像聖

学年/3年生
出身高校/学法石川
自己ベスト・5000m/13:57.22
自己ベスト・10000m/29:13.94
自己ベスト・ハーフ/01:06:12

福島県出身です

出雲駅伝では5区を走り、区間3位と快走しました。

高校生の時に5000mを14分18秒92と記録したが、
強豪校の学法石川高校だったことで3年間全国駅伝の出場がありませんでした。

大学2年時に10000mの自己ベストを更新したことで、
全日本大学駅伝出場を果たしました。

また箱根駅伝2020では4区出場を果たし、
3区までの流れを上手く繋ぎました。

堀畑佳吾

学年/3年生
出身高校/清風
自己ベスト・5000m/14:02.14
自己ベスト・10000m/29:35.93
自己ベスト・ハーフ/01:05:42

大阪府出身です。

全日本大学駅伝選考会では、
監督より「強くなってくれた選手」として名前を挙げられた一人です。

ケガも多く、なかなかうまく走れないことが多かったそうです。

またTwitterアカウントの背景画像に
ジョジョの奇妙な冒険を使用していることから、
ジョジョの奇妙な冒険が好きそうですね。

山谷昌也

学年/3年生
出身高校/水城
自己ベスト・5000m/13:49.47
自己ベスト・10000m/28:29.36
自己ベスト・ハーフ/

滋賀県出身です。

「山谷は本当に強い。山谷がいるので、自分はまだエースではない」と丹所も認めるほどの選手です。

箱根駅伝2020ではケガのため
エントリーメンバーから外れ、その後も調子が悪かった。

しかし出雲駅伝では1区を走り、
トップと5秒差の区間3位とスターターとしての役割を果たした。

奥村辰徳

学年/3年生
出身高校/九州学院
自己ベスト・5000m/14:07.59
自己ベスト・10000m/29:51.37
自己ベスト・ハーフ/01:10:54

熊本県出身です。
大学2年時に全日本大学駅伝エントリーを果たした選手です。

ルカ・ムセンビ

学年/3年生
出身高校/仙台育英学園
自己ベスト・5000m/13:45.66
自己ベスト・10000m/28:20.09
自己ベスト・ハーフ/01:02:01

身長が167㎝、体重が55㎏と日本人平均よりも
少し小柄なため、軽やかな体格を活かした走りが特徴の選手です。

大学2年生時の全日本大学駅伝では最終区8区を走り、
57分54秒で区間2位を記録しました。

大学1年生の時には全日本大学駅伝最長の最終8区で区間賞を取っています。

イエゴン・ヴィンセント

学年/3年生
出身高校/チュビルベレク
自己ベスト・5000m/13:15.15
自己ベスト・10000m/27:30.24
自己ベスト・ハーフ/

牛丼が好物であり、レース前には牛丼や母国のケニア料理を食べるのがルーティンだそうです。

絶対的エースです。

ケニア出身で、高校までケニアだっため日本語がおぼつかない部分もあります。

林優策

学年/2年生
出身高校/滋賀学園
自己ベスト・5000m/14:03.45
自己ベスト・10000m/29:57.26
自己ベスト・ハーフ/

奈良県出身です。
大学1年時から全日本大学駅伝にエントリーを果たしました。

身長163㎝、体重46㎏と日本人男性の平均と比べると小柄なため、
軽やかな体型を生かしたスピード感のある走りを見せます。

生田琉海

学年/2年生
出身高校/徳島科学技術
自己ベスト・5000m/14:04.82
自己ベスト・10000m/30:25.65
自己ベスト・ハーフ/

徳島県出身です。

阿南市阿南第二中学校在学中に、
男子中学1年歴代5位に入る1500m4分11秒18を記録しました。

9月に行われた日本体育大学長距離協議会では5000mを走り、11位を記録しました。
中学時代から素晴らしい記録を持ち、まだまだ伸びる選手と思われます。

麓逸希

学年/2年生
出身高校/開新
自己ベスト・5000m/14:00.07
自己ベスト・10000m/
自己ベスト・ハーフ/

熊本県出身です。

高校生の時、熊本県高校駅伝では1位に輝き、
全国高校駅伝でも7位を記録しています。

日本体育大学長距離競技会5000mの部では、8位を記録しました。
着実に力をつけており、注目すべきルーキーの一人であると思います。

白井勇佑

学年/1年生
出身高校/仙台育英
自己ベスト・5000m/13:58.00
自己ベスト・10000m/29:25.80
自己ベスト・ハーフ/

宮城県出身です。

全国高校駅伝2019年では2区で1位、
全国高校駅伝2020年では7区で2位と輝かしい成績です。

期待のルーキーとして東京国際大学へ入学しました。

出雲駅伝では4区を走り、区間5位の走りで
トップをキープする輝かしい大学駅伝デビュー戦を果たしました。

「自信を持ちすぎると調子に乗ってしまう」と自身で語っており、お調子者の一面が垣間見えますね。

冨永昌輝

学年/1年生
出身高校/小林
自己ベスト・5000m/14:03.54
自己ベスト・10000m/30:06.92
自己ベスト・ハーフ/

宮崎県出身です。

5人兄弟の末っ子として育ち、
父中心にテレビで駅伝の見るのが冬の日常だったそうです。

冨永選手が駅伝の面白さを知ったのは中学時代であり、
駅伝の監督も務めていた父の背中を追い、父と同じ小林高校へ入学したんだそうです。

入学当初は5000m16分と平凡なタイムだったが、
自己分析の結果成績が伸び、自己ベストを14分5秒まで伸ばしたそうです。

高校3年時の県予選で初めて1区を任されたものの、
全国高校駅伝では26位の結果になりました。

悔しさを糧に、大学駅伝ではどのような活躍を見せるのか楽しみですね。

佐藤榛紀

学年/1年生
出身高校/四日市工業
自己ベスト・5000m/14:06.20
自己ベスト・10000m/
自己ベスト・ハーフ/

三重県出身です。
身長は163㎝、体重は50㎏と日本人平均に比べると比較的小柄といえます。

出雲駅伝では2区を区間4位で走り、つなぎの区間の役目を果たした。

スピードが強みかつ専門は5000mなので、
駅伝では長い距離の区間よりも短い距離の区間で
差をつけるというスタイルが合っていそうですね。

スポンサーリンク

東京国際大学駅伝部2021・イケメン注目選手はだれ?

丹所健

目鼻がくっきりとした顔立ちの選手です。

ネットではハーフなのか噂ですが、
「ハーフ同盟」とハッシュタグをつけた
ツイートをされていることから、ハーフなようです。

また垂れ目なところも、かわいらしくて魅力の1つですよね。

そして整ったお顔立ちだけではなく、
実力のある走りをする選手でもあります。

チームの大黒柱として、箱根駅伝でも活躍を期待できます。
チームを導く走りはもちろん、整ったお顔立ちにも大注目の選手です!

白井勇佑

Twitterに「夢はパッツン最速ランナー」
と書かれているように、パッツン前髪が印象的です。

インタビュー動画では、1年生らしい
初々しさも残る笑顔がとっても素敵ですね。

さわやかな顔立ちのイケメンであるだけでなく、
個性的な前髪も似合っています。

まだ高校生と大学生の狭間のような
あどけなさを残す白井選手ですが、
走っている最中は粘り強くスピードのある走りを見せてくれます。

走っている時と普段のギャップに惹かれてしまいますね。
実力のある選手としてはもちろん、イケメン選手としても大注目です!

イエゴン・ヴィンセント

1年時の箱根駅伝では3区21.4㎞を59分25秒で走り、
それまでの区間記録を2分1秒も更新しました。

ハーフマラソンの記録に換算すると
当時世界歴代5位相当の走りを見せる、
世界トップクラスの実力を持っています。

「ヴィンセント選手はずるい」と駅伝ファンに言われてしまう程、
素晴らしい走りを見せる選手ですが、お顔立ちもシュっとしているイケメンです。

また身長が187㎝あり、日本人に比べるとかなり高身長です。

走りだけでなく、目鼻立ちのくっきりとした
お顔立ちもまさに「ずるい」と言われてしまう選手です。

駅伝ファンだけでなく、ライバルたちも大注目している選手です。

スポンサーリンク

東京国際大学駅伝部2021の監督は?

東京国際大学駅伝部2021の監督は、
大志田秀次(おおしだ しゅうじ)監督です。
主なプロフィールは下記の通りです。

生まれ:1962年
高校時代:1500mで全国9位
出身大学:中央大学
大学時代:箱根駅伝3年生1区1位、4年生8区区間賞

1985年本田技研入社し、
その後1986年アジア大会(ソウル)1500m優勝しています。

また1991年~2001年本田技研コーチをし、
また1994年~1999年には並行して
中央大学にてコーチを行っていました。

中央大学でコーチを行っている際、
1996年箱根駅伝にて総合優勝に導いています。

また2000年からNHK箱根駅伝の解説者を始めました。

そして東京国際大学駅伝部創業の2011年より
東京国際大学駅伝部監督に就任しています。

大志田秀次監督は選手としても、
コーチとしても実績のある方です。

そのおかげもあってか、2011年創部にも関わらず、
2020年の箱根駅伝では初のシード権獲得を果たし、
さらに過去最高の総合5位という結果を残しました。

大志田秀次監督の率いる東京国際大学駅伝部が、
2021年の箱根駅伝ではどのような戦いをするのかが楽しみですよね!

スポンサーリンク

東京国際大学駅伝部のまとめ

ここまで

・東京国際大学駅伝部の成績は?出雲駅伝では初出場初優勝
・東京国際大学駅伝部2021メンバー・出身高校
・東京国際大学駅伝部2021・イケメン注目選手はだれ?
・東京国際大学駅伝部2021の監督は?

に関して、調査してきました。

創部10年目にして強豪校の仲間入りを果たした
東京国際大学は、箱根駅伝でも大注目です。

特にムセンビ選手とヴィンセント選手の、
留学生2人がどんな走りを見せてくれるのか気になります。

またメンバー入りした選手の中でも、
丹所選手や白井選手、ヴィンセント選手などの
イケメンさにも大注目したいですね!

今年の箱根駅伝ではどんなエピソード、
どんな走りが見られるのかドキドキです。

大学駅伝
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました