東山高校サッカー部メンバー2023!出身中学やイケメン注目選手まで徹底調査

高校サッカー
スポンサーリンク

第101回全国高校サッカー選手権大会か開催されました。
京都府代表の東山高校が準決勝の接戦を制して、決勝戦に勝ち上がりました。

そこで今回は

・東山高校サッカー部2023!全国高校サッカー京都府予選の成績
・東山高校サッカー部2023メンバー一覧と出身中学orチーム
・東山高校サッカー部2023のイケメン注目選手は?
・東山高校サッカー部2023の基本フォーメーションは?
・東山高校サッカー部の監督は?
・高校サッカー部2023!強いのはなぜ?
・岡山学芸館高校サッカー部!第101回全国高校サッカー選手権の結果速報

についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部2023!全国高校サッカー京都府予選の成績

決勝戦
東山 3 – 0 京都橘

※東山高校は2年連続5回目の出場

スポンサーリンク

東山高校サッカー部2023メンバー一覧と出身中学orチーム

背番号/選手名/学年/身長/体重/出身中学

1 佐藤瑞起 3年 176/71 セレッソ大阪
2 石井亜錬 3年 173/66 MIOびわこ滋賀
3 志津正剛 2年 180/72 プルミエール徳島SC
4 新谷陸斗 3年 174/69 セレッソ大阪
5 藤本崇太 3年 171/67 SSFAジュニアユース
6 仲里勇真 3年 170/63 セレッソ大阪西
7 真田蓮司 3年 172/67 セレッソ大阪
8 松橋啓太 3年 178/68 ガンバ大阪門真
9 大谷彩斗 3年 171/62 高槻ジーグFC
10 坂田澪哉 3年 172/67 宇治FC
11 上田幸輝 3年 172/67 MIOびわこ滋賀
12 菊山和椰 3年 170/58 奈良YMCA SC
13 清水楓之介 3年 170/64 セレッソ大阪西
14 北村圭司朗 3年 171/67 ガンバ大阪
15 豊嶋蓮央 3年 180/71 SSFAジュニアユース
16 中野翔真 3年 181/80 ガンバ大阪門真
17 牧純哉  2年 175/69 京都JマルカFC
18 浜瀬楽維 2年 170/70 MIOびわこ滋賀
19 保坂崇人 3年 172/68 MIOびわこ滋賀
20 鈴木康平 3年 174/70 セレッソ大阪
21 徳田光希 1年 176/74 Verento京都FC
22 大野莉汰 3年 171/60 セレッソ大阪和歌山
23 河村尚哉 3年 170/65 加茂FC
24 山下ヒロト 3年 169/65 Verento京都FC
25 足立康生 2年 174/64 セレッソ大阪
26 海老原雅音 2年 180/80 アメージングアカデミー
27 大山遼斗 2年 162/62 セレッソ大阪和歌山
28 松下凌大 2年 175/65 京都サンガFC
29 古川清一朗 1年 170/60 宇治FC
30 平尾和麿 3年 178/78 京都JカルカFC

スポンサーリンク

東山高校サッカー部2023のイケメン注目選手は?

阪田澪哉

主に右サイドを担当する坂田澪哉選手は、スピードを活かしたサイドアタックを武器にしています。
U-18日本代表候補にもなったテクニックの持ち主で、ドリブルでの突破を得意とします。
得点力が高く、中に切れ込んで自らゴールを狙うタイプです。

仲里勇真

沖縄出身の3年生DFで、正確な左足のキックが武器です。
今回の全国大会では攻守に渡って活躍してみせました。

新谷陸斗

東山高校の主将を務める新谷陸斗選手は、センターバックの中では小柄ながらもフィジカルは強く、東山高校のディフェンスラインを支える中心的存在です。ビルドアップ能力の高さが売りで、最後尾から攻撃の起点となることができるのが強みです。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部2023の基本フォーメーションは?

11月12日 京都府予選決勝のフォーメーションは

4-4-2 でした。

攻守ともにレベルの高い東山高校は「万能型」と呼ばれる4-4-2のフォーメーションは得意とします。個々が攻撃にも守備にも参加する、いわゆる「全員サッカー」を体現した陣形と言えます。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部の監督は?

福重良一監督
1971年1月30日生まれの51歳。

和歌山工業高校を経て大阪体育大学に進学。卒業後は京都紫光(現在の京都サンガFC)に入団しました。旧JFLでプレーした後、大塚製薬(現在の徳島ヴォルティス)に移籍しました。引退後は指導者に転身し、2002年から初芝橋本高校と大阪体育大学の指導に当たり、2006年から東山高校の監督に就任しました。

東山高校サッカー部2023!強いのはなぜ?

全国高校サッカー選手権に2年連続5回目の出場となる東山高校は、部員105人という大所帯で、選手層の厚さが売りです。京都予選では5試合中35得点1失点という、攻守ともにレベルの高さを見せつけました。特に攻撃力は特筆すべきものがあり、様々なパターンから得点に繋げることができるところが強みです。

スポンサーリンク

東山高校サッカー部!第101回全国高校サッカー選手権の結果速報

1回戦 12月29日㈭

星稜(石川) 1 – 2 東山(京都)

2回戦 12月31日㈯

東山(京都) 4 – 0 聖和学園(宮城)

3回戦 1月2日㈪

高川学園(山口) 0 – 2 東山(京都)      

準々決勝 1月4日㈬

東山(京都) 0 – 0 日体大柏(千葉)
4 PK 3

準決勝 1月7日㈯

東山(京都)1 – 1 大津(熊本)           
4 PK 2

決勝戦 1月9日㈪

岡山学芸館(岡山) 3 – 1 東山(京都)
         

スポンサーリンク

東山高校サッカー部2023まとめ

ここまで、

・東山高校サッカー部2023!全国高校サッカー京都府予選の成績
・東山高校サッカー部2023メンバー一覧と出身中学orチーム
・東山高校サッカー部2023のイケメン注目選手は?
・東山高校サッカー部2023の基本フォーメーションは?
・東山高校サッカー部の監督は?
・東山高校サッカー部2023!強いのはなぜ?
・東山高校サッカー部!第101回全国高校サッカー選手権の結果速報

についてご紹介してまいりました。

第101回全国高校サッカー選手権大会で東山高校は準優勝でした!
昨今の高校サッカーのレベルは非常に上がっており、これからも目が離せませんね!

高校サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました