平野歩夢さん愛用の手ぬぐいはどれ?どこで買える?

スキー
スポンサーリンク

2月11日、北京五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝が行なわれ、
日本の平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点をマークし、
見事金メダルに輝きました。

SNS上に悲願の金メダルを祝福するメッセージが溢れるなか、
平野選手が首に巻いていた「手ぬぐい」が反響を呼んでいました。

今回はその「手ぬぐい」の真相を

・平野歩夢が首に巻いていた白い布は手ぬぐい?
・平野歩夢がはなぜ手ぬぐいを着用するようになったの?
・平野歩夢の手ぬぐいはどこのブランド?
・平野歩夢の手ぬぐいのデザイナーはだれ?
・平野歩夢の手ぬぐいの購入方法は?
・平野歩夢の手ぬぐいまとめ

以上の項目から解き明かしていこうと思います。

スポンサーリンク

平野歩夢が首に巻いていた白い布は手ぬぐい?

「平野選手が首に巻いているものは?」「誰かあの布の正体を明らかにして!」など、ネット上では特定合戦が繰り広げられました。
注目を集めていた白い布の正体は、なんと「手ぬぐい」でした。

スポンサーリンク

平野歩夢がはなぜ手ぬぐいを着用するようになったの?

平野選手の首に巻かれた手ぬぐいは、なんとマスクとして利用するそうです。

普通のマスクみたいに息苦しくなく、使いやすいから愛用しているそうです。
手ぬぐいをマスク代わりに。

もちろん今大会では手ぬぐいとは別にきちんとマスクを着用していました。

厳重体制が引かれている北京では、手ぬぐいをマスク代わりにしていたら、
追放されてしまいそうですね・・・

私は普段街で手ぬぐいやハンカチを口元に当てている人を見かけたら、
「今日家出てしばらくしてからマスクないことに気づいたんだろうな」と勝手に予想しています。(笑)

だけど、手ぬぐいは通気性が良く、マスクの悩みの一つである、
蒸れるなどの悩みを解決してくれるのですね。

スポンサーリンク

平野歩夢の手ぬぐいはどこのブランド?

ブランド「UKIUO(浮世)」の手ぬぐいです。

「UKIUO」のホームページを訪れてみると、昔ながらのデザインというよりかは、
若者に人気なストリート系のデザインだなという印象を受けました。

売り切れの商品もいくつかあました。

もちろん平野選手が金メダルを取った際に着用していた白色の手ぬぐい
「UKIYO卯の花」はすでに売り切れていました。

平野選手の影響力が多大であることがうかがえます。

普通の手ぬぐいは大体1200円~1500円くらいなので、
それに比べると「UKIYO」の手ぬぐいは一律3800円と少し高いですね。

スポンサーリンク

平野歩夢の手ぬぐいのデザイナーはだれ?

「スノーボートの友達が作っているブランドだ」と
東京のスタジオの山内あゆアナから、手ぬぐいについて質問された際に答えました。

現役のプロスノーボーダーの相澤亮さんが手がけたそうです。

二人の出会いは、2020年の夏、山梨県内の競技施設で知り合ったそうです。

自身が手掛けた手ぬぐいをオリンピックという大舞台で使用してくれて、
そして、金メダルという快挙を成し遂げ、相澤さんはさぞかし嬉しいことでしょうね。

私だったら、自慢しまくりますね(笑)

「私が作った商品をオリンピックがオリンピックで使ってくれたよ!」と。

スポンサーリンク

平野歩夢の手ぬぐいの購入方法は?

UKIYOの公式サイトから購入することができます。
平野歩夢が首に巻いていた手ぬぐいは残念ながら、すでに売り切れています。

海外でも話題になっているため、すぐ手に入らない可能性が高いですね。

デザイナーの相澤さんによると、3月の上旬には再販できるように調整しているらしいです。
再販が始まると、争奪戦が繰り広げられることでしょう。

→ UKIYOの公式サイトはコチラから

スポンサーリンク

平野歩夢の手ぬぐいまとめ

ここまで

・平野歩夢が首に巻いていた白い布は手ぬぐい?
・平野歩夢がはなぜ手ぬぐいを着用するようになったの?
・平野歩夢の手ぬぐいはどこのブランド?
・平野歩夢の手ぬぐいのデザイナーはだれ?
・平野歩夢の手ぬぐいの購入方法は?
・平野歩夢の手ぬぐいまとめ

について見てきました。

五輪初の大技「トリプルコーク1440」を組み込んだルーティーンで滑り切り、会場を沸かせました。

また、1998年長野五輪で採用されたスノーボードで日本勢初の金メダルとなりました。

15歳だった2014年ソチ五輪は2位で
冬季五輪の日本選手最年少メダリストとなり、平昌五輪も「銀」。

冬季の日本選手で初めて3大会連続のメダルを獲得するという快挙を成し遂げました。

それと同時に、世界に衝撃を与えた平野選手のダイナミックな技と同時に注目を集めた手ぬぐい。
日本の伝統品である「手ぬぐい」が全世界で注目されたことは喜ばしいことですね!

スキー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました