本ページはプロモーションが含まれています。

鳴門高校野球部メンバー2022!出身中学校や注目選手まで徹底調査

高校野球
スポンサーリンク

2022年春のセンバツ高校野球大会に
徳島県の鳴門高校が選ばれました。

そこで今回は

・鳴門高校野球部メンバー2022!出身中学
・鳴門高校野球部2021の秋季徳島県大会、四国大会の成績
・鳴門高校野球部2022の注目選手
・鳴門高校野球部2022の監督は?
・鳴門高校野球部2022はなぜ強い?
・鳴門高校野球部出身の有名なプロ野球選手は?

について調査していきます。

スポンサーリンク

鳴門高校野球部メンバー2022!出身中学

名前出身中学中学所属
1冨田 遼弥2徳島 藍住中学徳島藍住シニア
2土肥 憲将2徳島 石井中学徳島藍住シニア
3藤中 温人2徳島 三好中学調査中です
4上田 隼翔2奈良 八木中学南都ボーイズ
5由谷 豪太良2和歌山 太地中学中百舌鳥ボーイズ
6三浦 鉄昇2徳島 鳴門第一中学中学軟式野球部
7豊田 凌平1徳島 鳴門第一中学調査中です
8前田 一輝2徳島 小松島南中学徳島東シニア
9井川 欧莉2徳島 三好中学高松シニア
10藤原 颯太1徳島 大麻中学調査中です
11真鍋 至憧1徳島 鴨島東中学徳島藍住シニア
12秋田 柊哉2徳島 大麻中学調査中です
13大塚 琉斗2徳島 土成中学調査中です
14安田 生輝2大阪 藤井寺第三中学藤井寺ボーイズ
15幸田 大和2徳島 三野中学調査中です
16齋藤 巧夢1徳島 南部中学徳島東シニア
17長尾 颯太1徳島 南部中学徳島中央シニア
18宮本 悠汰1兵庫 鳴尾中学調査中です
19渡邊 遥太1徳島 北島中学徳島ホークス
20城田 悠晴1兵庫 青雲中学調査中です
スポンサーリンク

鳴門高校野球部2021の秋季徳島県大会、四国大会の成績

秋季徳島県大会

9月20日(月)/2回戦

鳴門 11-0 城東

9月26日(日)/準々決勝

鳴門 10-0 徳島市立

10月2日(土)/準決勝

鳴門 13-0 池田

10月3日(日)/決勝

鳴門 9-2 徳島商業

→ 鳴門高校野球部 優勝

四国大会

10月24日(日)/準々決勝

鳴門 2-0 尽誠学園

10月30日(土)/準決勝

鳴門 3-2 明徳義塾

10月31日(日)/決勝

鳴門 3-7 高知

→ 鳴門高校野球部 準優勝

スポンサーリンク

鳴門高校野球部2022の注目選手

冨田 遼弥

最速142㎞を誇る左腕で、鳴門高校野球部のエース

2年夏の大会では初戦で敗退と悔しい思いをしましたが、
四国大会では奮闘しチームを準優勝に導きました。

スポンサーリンク

鳴門高校野球部2022の監督は?

鳴門高校野球部の監督は森脇稔監督です。

同校のOBで、1985年に鳴門高校野球部の監督に就任します。
15年近く指導したのち、徳島工業へ。
そして2007年、再び鳴門高校野球部で指導をすることになります。

前任時も徳島工業時代も甲子園出場経験はなく、
2010年に初となる夏の甲子園出場を達成。

鳴門高校野球部は春夏合わせて何度も甲子園出場経験がありましたが、
1995年の夏を最後に遠ざかっていました。
森脇稔監督は2010年夏の出場をきっかけに何度もチームを甲子園に導き、
強豪校を復活させます。

投手を中心とするチーム作りをしていて、
冬は守備の基礎固め、春以降は打撃の実戦練習をしているそうです。

スポンサーリンク

鳴門高校野球部2022はなぜ強い?

鳴門高校野球部が強いのは、
指導者の数が多いからだと思います。
鳴門高校野球部では監督の他に教員2人と、
教え子の4人がコーチとして指導。

監督1人ですべての選手に目を向けるのは大変ですが、
監督以外に6人の指導者がいれば1人1人に向き合うことができます

コーチ陣からはどの選手が調子がいいか聞き、
選手同士の競争心にも火をつけているそうです。

また選手たちの進路にもきちんと向き合っているという話もあり、
監督が選手1人1人をとても大事にしていることが分かりますよね。
そんな監督だから、
選手たちも期待に応えたいと一生懸命になってくれるんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

鳴門高校野球部出身の有名なプロ野球選手は?

徳島県立鳴門高校出身のプロ野球選手20名います。

その中から、板東湧梧選手と潮崎哲也氏を紹介しますね。

板東湧梧(ばんどう ゆうご)

  • 生年月日/1995年12月27日
  • ポジション/投手

高校時代、4度の甲子園出場経験があります。
しかしプロからの関心は低く、
高校卒業後は社会人野球のJR東日本へ。

社会人野球で評価を上げ、
2018年にドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスへ入団します。

潮崎哲也(しおざき てつや)

  • 生年月日/1968年11月26日
  • ポジション/投手

高校卒業後、社会人野球の松下電器へ。

1988年、史上最年少の19歳で日本代表に選ばれ、
ソウルオリンピックに出場。
銀メダルを獲得しました。

1989年、1位指名を受け西武に入団。
2004年に現役を引退後は、
西武でコーチを担当しています。

スポンサーリンク

鳴門高校野球部2022まとめ

ここまでで

・鳴門高校野球部メンバー2022!出身中学
・鳴門高校野球部2021の秋季徳島県大会、四国大会の成績
・鳴門高校野球部2022の注目選手
・鳴門高校野球部2022の監督は?
・鳴門高校野球部2022はなぜ強い?
・鳴門高校野球部出身の有名なプロ野球選手は?

について紹介してきました。

その大会の勝ち抜き方や、チーム一丸となって粘り強いその戦い方から、
きっと甲子園でもドラマチックな試合を展開し、
多くの野球ファンの心を揺さぶることでしょう。

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!