zoomの画面共有で動画が重い!原因と対処法を徹底解説

テレワーク

会社や学校、プライベートでも
すっかり身近になってきたZoom

皆さん快適に使えていますか?

私はZoomの授業で画面共有をすると
動画がカクカクしたり、飛び飛びになったり、
動画が重くなることがあります。

動画が重くなると内容がわからなくなりますよね。

今日は、そんなZoomの画面共有で

・Zoomの画面共有で動画が重いときの原因は?
・Zoomの画面共有で動画が重いときの対処法は?

について説明していきます。

スポンサーリンク

Zoomの画面共有で動画が重いときの原因は?

原因①アプリのバージョンが揃っていない

アプリ版のZoomを利用している場合、
参加者全員のアプリのバージョンが揃っていないと
画面共有で動画の動作が重くなることがあります。

その結果、画面共有をすると
動画がカクカクするということがあります。

原因②パソコンやスマホなど端末のスペックが不足している

ブラウザや他のアプリが立ち上がっていると、
CPUやメモリの使用率がいっぱいになり、
Zoomの画面共有で動作が遅くなる原因になります。

また、パソコンやスマホの性能には限界があります。

根本的に今使っている端末が
Zoomの動作環境を満たしていない可能性もあります。

原因③インターネットの接続環境の問題

インターネットの接続環境が悪いと、
Zoomの画面共有で動画が重くなり、ネットに接続するアプリの動作が遅くなります。

接続環境の問題としては、
ルーターの位置の問題、通信速度の制限、電波環境、などがあります。

その他の原因として
Zoomの利用者が多すぎてサーバーがパンクしている、
Zoomのシステムに何かしらのトラブルが起きているなど、
Zoomで問題が起きている場合もあります。

スポンサーリンク

Zoomの画面共有で動画が重いときの対処法は?

対処法①アプリのバージョンを揃える

PCの場合はZoomアプリを立ち上げて、
右側のプロフィールアイコンをクリックし、
[アップデートを確認]を選択します。

「更新が利用可能」と表示された場合は、
「更新」のボタンををクリックして
最新のバージョンにアップデートをすることができます。

iPhoneの場合はApp Storeアプリ、
Androidの場合はPlayストアを開いて
「Zoom」で検索します。

ここで「アップデート」のボタンをタップすると
最新版アップデートが開始されます。

対処法②不要なブラウザ、アプリを消す

Zoomでビデオ会議をしながら、ブラウザ上で複数のタブを開いていたり、
他のアプリケーションを開いていると、メモリを使いパソコンに負荷をかけます。

Zoom以外の使用していないブラウザのタブ、
アプリケーションを終了させましょう。

また、Zoomのバーチャル背景も負荷をかけている原因になります。
バーチャル背景をオフにしましょう。

根本的にお使いのパソコンやスマホの
スペックが足りていないというケースもあります。

Zoomのヘルプセンターに書かれている要件を確認して、
推奨スペックを満たしていない場合はデバイスの買い替えをおすすめします。

対処法③ルーターの位置の変更・ルーターを再起動する/データ通信量を購入する

インターネットの接続環境が悪い場合、
接続環境を改善することで、Zoomが重くなる現象を解消することができます。

ルーターが原因の場合は、ルーターの位置を変更する、
ルーターを再起動/リセットすることによって接続環境が改善されます。

モバイルWiFiやスマホの通信制限にかかっている場合は、
サービスの乗り換えや、データ通信量の購入が必要です。

その他の対処法
Zoom側で問題が起きている場合は、時間を空けて再度接続し直すしかありません。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・Zoomの画面共有で動画が重いときの原因は?
・Zoomの画面共有で動画が重いときの対処法は?

について説明してきました。

いかがだったでしょうか。

今や、なくてはならないツールZoom。

快適に会議や授業を行うためにも、
事前にパソコンやスマホのスペック、
アプリのバージョンを確認し、
通信環境の良い状態でZoomを使いましょう。

zoomの画面共有で動画が重くカクカクする現象を解消していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました