ドラフト候補2021!高校生投手・野手の注目選手は?

高校野球

2021年が始まり、早くも高校生のドラフト候補に注目が集まっています。
特に今年の高校生は逸材揃いと期待されています。

そこで今回は、

・ドラフト候補2021!高校生の投手は?
・ドラフト候補2021!高校生の捕手は?
・ドラフト候補2021!高校生の内野手は?
・ドラフト候補2021!高校生の外野手は?

について調査していきます!

また、この記事の後半では
ドラフト候補に関する動画を掲載しております。
ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

ドラフト候補2021!高校生の投手は?

田中楓基(旭川実高)

  • 身長/178㎝
  • 体重/70㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年8月23日

最速147㎞の直球と、
スライダー、チェンジアップ、カーブの3つの変化球をテンポよく投げてきます。

昨秋の北海道大会2回戦では、
1失点9奪三振で完投勝利。
6球団のスカウト陣が視察する中、
いいアピールができたんじゃないでしょうか?
事実、彼のポテンシャルの高さと球質の良さは、
スカウトから高評価を受けています。

風間球打(明桜高)

  • 身長/182㎝
  • 体重/81㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年10月11日

入学時は135㎞、1年の夏には138㎞を記録していた球速は、
昨夏には150㎞に到達
秋田で開催された独自大会優勝に貢献しました。

現在、160㎞を目指し体幹や下半身強化に着手しているそうです。
スケールアップした彼がどんな投球を披露してくれるのか、
これからが楽しみですね。

木村大成(北海高)

  • 身長/180㎝
  • 体重/76㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年9月12日

安定感抜群なサウスポー
しなやかに振り下ろされた左腕から投げられる直球は、
最速145㎞を記録しています。

そのストレートと鋭いスライダーを武器に挑んだ昨秋の北海道大会では、
4試合合計30回2/3無失点の安定した投球を披露。
決勝戦では2安打完封の快投を見せてくれました。

伊藤 樹(仙台育英高)

  • 身長/176㎝
  • 体重/78㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年8月24日

中学1年のとき、
捕手から投手へ転向しました。
高校1年の夏、全国デビュー。

伊藤樹選手の魅力は、
スカウトからも注目される投球センスでしょう。
直球は最速147㎞で、
130㎞前後のスプリット、120㎞台のスライダー、
110㎞台のカープと変化球も自在に操れます。

石田隼都(東海大相模高)

  • 身長/186㎝
  • 体重/76㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年4月5日

石田隼都選手の武器は、
ストレート、スライダー、チェンジアップ。
ハイテンポで躍動感がありつつ、
制球力が高いのが特徴です。

1年夏の甲子園3回戦では先発出場。
5回1失点におさえました。
翌夏の甲子園交流試合では大阪桐蔭と真っ向勝負。
7回1失点とそのメンタルの強さに注目が集まっています。

金井慎之介(横浜高)

  • 身長/181㎝
  • 体重/75㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年5月24日

「素材は関東ナンバー1」とスカウトから評価されており、
これからの成長が楽しみな選手です。

昨秋に左肘靭帯を損傷するケガをしましたが、
12月中旬からは順調に回復している姿を見せてくれました。
冬の間、
下半身のトレーニングに取り組み、
ウェートアップも果しています。

畔柳享丞(中京大中京高)

  • 身長/177㎝
  • 体重/80㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年5月3日

昨秋の県大会で151㎞を記録した畔柳享丞選手。
今季、ドラフト1位指名で中日に入団した先輩、高橋宏斗選手のようになれるか、
要注目です。

躍動感のある剛腕の持ち主で、
変化球はキレがあり制球力も抜群。
カープを巧みに扱い、
ストレートを速く見せる技も持っています。

関戸康介(大阪桐蔭高)

  • 身長/179㎝
  • 体重/81㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年4月14日

西谷浩一監督から「完璧主義者」と評される関戸康介選手の好きな言葉は、
「創造的破壊」。
現状に満足することなく、
常に進化することを追い求めています。

ストレートは最速154㎞を記録しており、
カーブ、スライダー、チェンジアップの精度も高いです。

松浦慶斗(大阪桐蔭高)

  • 身長/186㎝
  • 体重/94㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年7月1日

松浦慶斗選手のいとこは、
ソフトバンクの160㎞左腕の古谷優人選手

世代トップクラスの素質があり、
昨夏の試合で150㎞を記録しています。
しかし、本人は球速に関心がなく、
140㎞前半でも空振りを奪えるキレと圧のあるストレートを目指しているそうです。

久野悠斗(報徳学園高)

  • 身長/183㎝
  • 体重/74㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年10月7日

角度のあるボールで注目を集める左腕投手。
変化球でカウントを整えることもできます。

現在の球速は143㎞ですが、
制球力を高めるフォームに改良中とのことなので、
これからどんどん球速も上がっていくでしょう。

達 孝太(天理高)

  • 身長/193㎝
  • 体重/85㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2004年3月27日

何と言っても注目はその背の高さでしょう。
秋の近畿大会では落差のあるフォークで、
大阪桐蔭を相手に10個の三振を奪いました

制球力が高まれば、
ドラフト上位指名間違いなしの逸材です。

小園健太(市和歌山高)

  • 身長/184㎝
  • 体重/89㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年4月9日

欠点が少なく、マルチに対応できる選手

小園健太選手はボールを投げるとき、
左足を上げた後にタメを作り、
右腕は体に巻き付くようなフォームで投げます。
そのため、
打者はタイミングが取りづらいです。

また、カットボールは左打者の胸元にしっかりと投げ込むコントロールの良さもあり、
打者に合わせて投げることができる頭脳派と言っていいでしょう。

森木大智(高知高)

  • 身長/184㎝
  • 体重/82㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年4月17日

中学時代、
軟式球で史上最速と言われる150㎞を投げ注目を集めました。

高校へ進学後はまだ、全国出場は果たしていません。
しかし、常時140㎞のストレートとキレのある変化球のコンビネーションを武器とし、
将来性のある選手です。

代木大和(明徳義塾高)

  • 身長/184㎝
  • 体重/76㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年9月8日

伸びしろ十分で、
馬淵史郎監督から
「プロで飯が食える」と言われている選手。

最速は139㎞しかありませんが、
球の場所が分かりづらく、
打者に球速以上の威力を感じさせます。
また、投げられる球の種類は少ないですが、
しっかりとコーナーに投げ分けることが可能。
四国大会では1人で投げ切り、
チームを優勝へ導きました。

スポンサーリンク

ドラフト候補2021!高校生の捕手は?

高木翔斗(県岐阜商高)

  • 身長/186㎝
  • 体重/90㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年8月12日

小学6年生のとき、
中日ジュニアを経験。
高校1年からベンチ入りしており、
2年からは4番を務めています

無駄のないスイングで広角へ飛距離を出すことができる打撃が持ち味。
強肩の持ち主でもあり、
遠投は100mを記録しています。
二塁送球タイムは2秒0台です。

リードとキャッチングも磨いていけば、
走攻守の三拍子揃った捕手として活躍できるでしょう。

松川虎生(市和歌山高)

  • 身長/178㎝
  • 体重/98㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年10月20日

先ほど紹介した小園健太選手と「貝塚ヤング」時代からバッテリーを組んでいます。
中学3年のときには、全国制覇も経験。

遠投100m、二塁送球は1.8秒台の強肩の持ち主です。
それだけでなく、
高校通算31本塁打の打棒も彼の武器となっています。

スポンサーリンク

ドラフト候補2021!高校生の内野手は?

清宮福太郎(早稲田実高)

  • 身長/182㎝
  • 体重/99㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年7月3日

名前を聞いてピンと来た人も多いでしょう。
清宮福太郎選手のお兄さんは、
日本ハムで活躍する清宮幸太郎選手です。
お兄さんと同じ早実に進学し、
2年の秋から主将を務めています。

右打席からのスイングはとてもパワフル。
リストも強く、
天性のバットさばきと飛距離が彼の持ち味となっています。

守備と走塁に課題はありますが、
プロからも注目を集めるスラッガーです。
お兄さんとは4つ離れているので、
兄弟で活躍する姿を見ることができませんでしたが、
プロ入りすれば兄弟で活躍する姿を見ることができますね。

有薗直輝(千葉学芸高)

  • 身長/185㎝
  • 体重/95㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年5月21日

体格に恵まれた有薗直輝選手。
その体格を活かしたスイングは強烈で、
高校通算45本塁打を記録しています。

球速は最速143㎞を記録しており、
優れた野球センスの持ち主であることも分かりますよね。
もちろん、守備もバッチリ。
三塁、外野をそつなくこなします。

50m走は6秒5と足の速さも抜群。
攻守走の三拍子揃ったオールラウンダーで、
大型三塁手として期待されています。

阪口 樂(岐阜第一高)

  • 身長/187㎝
  • 体重/90㎏
  • 利き腕/右投左打
  • 生年月日/2003年6月24日

強肩強打の二刀流
140㎞越えのストレートを投げることができる本格派右腕です。

力強いスイングも彼の魅力で、
プロからも注目を集めています。
左右に打ち分けることができ、
逆方向にも強い打球を飛ばすことが可能。

スポンサーリンク

ドラフト候補2021!高校生の外野手は?

吉野創士(昌平高)

  • 身長/185㎝
  • 体重/78㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年10月27日

高校通算本塁打は30本以上。
パワーが魅力の1つとなっており、
練習試合ではバックスクリーン弾をマークしていました。

身体能力も抜群で、
50m走は6秒1、遠投は110m。
高校入学直後からレギュラー入りしています。

池田陵真(大阪桐蔭高)

  • 身長/172㎝
  • 体重/83㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年8月24日

野球選手としては小柄な池田陵真選手。
しかし、普段からウェートトレーニングを行い、
筋力アップを図っています。

大阪桐蔭の主将を務めていますが、
侍ジャパンU15代表でも主将を務めるなど、
リーダーシップにも優れています。

前川右京(智弁学園高)

  • 身長/176㎝
  • 体重/90㎏
  • 利き腕/左投左打
  • 生年月日/2003年5月18日

1年の夏から4番に座るスラッガー
球を飛ばす力は群を抜いていますが、
入学時よりも体重が大幅に増えておりその力強さも増しています。

20年秋の近畿大会決勝では大阪桐蔭と対戦。
最速154㎞を誇る関戸康介選手相手に、
豪快な1発を放ちました。

徳丸天晴(智弁和歌山高)

  • 身長/184㎝
  • 体重/86㎏
  • 利き腕/右投右打
  • 生年月日/2003年9月4日

1年春から、
飛距離の良さを買われ4番に抜てきされています。

試合を重ねるたびに、
スイングの力強さや打球へのアプローチが成長。
攻守走で伸びしろがあり、
昨年11月からは三塁にも挑戦しています。

https://books.rakuten.co.jp/rb/16031221/?l-id=search-c-item-text-11
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・ドラフト候補2021!高校生の投手は?
・ドラフト候補2021!高校生の捕手は?
・ドラフト候補2021!高校生の内野手は?
・ドラフト候補2021!高校生の外野手は?

について調査してきました!
いかがでしたでしょうか?

どの選手も実力があり、
プロで活躍する日が楽しみですね

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました